カウンセリングを受けられた方の声「初めてカウンセリングというものを受けました」

世界が変わったような
気分になりました。

自分でも分からない心に溜めていた感情の1つ1つを ゆっくり誘導しながら

拾い出して下さり

その思いの1つ1つを丁寧に噛み砕くように解決していく。

というような そんな感じがしました。

これからの人生において
とても生きやすくなったような 感じです。

本当に ありがとうございました。』

 

コメント

Hさんは

何度かの セッションを受けられました。

来談者中心療法から始まり

ブロック解放のセッション

インナーチャイルドのワーク

セッションの合間にLINEでの

フォローさせていただき

どんどん本来のご自分に戻っていかれました

もともと、すごくパワーのある方でしたが

常識の枠にとらわれパワーを閉じ込めて

おられたようです

子どもの頃からの「未完了」の問題に向かわれ

どんどん変化されていかれ

本来のご自分が持っておられた力、強みに気づかれ

ていかれました。

 

カウンセリングを受けられた感想「セッションして頂いた感想を書かせて頂きます」

初めてセッションして頂いて、どんな感じなんだろう?

と不安な気持ちだったけど、お話しているうちに不安も解けて

自分の気持ちもだんだん落ち着いてリラックスできているのが分かり

あっという間の時間でした。
終わる頃には不安定な気持ちがセッションした事によって
私にとって心がなんだか安らぐ場でした。
カウンセリングとかは良く聞くけど

自分には経験が無かったので不安もあったけれど

受けてみて本当によかったなって思いました。』

 

コメント

Tさんは、おもいがけない苦しみに巻き込まれ

とても苦しんで、おられましたが

セッションを受けられ

本来の、強い自分に出会われ

苦しみから自分の力で抜け出されました。

カウンセリングはアドバイスや指示、助言では

ありません。

その方の本来持っておられる力に

気づく場所

その為に安全で安心な場所を確保することが

カウンセリングの『場』の力です。

カウンセリングを受けられた方の感想

感想です

お会いする前に、LINEでいろいろなアドバイスを頂いていたので

初めてお会いする感じがしなくて、初対面なのに、自分の思っていることを、楽にお話できたように思います。

その後も、いろいろと気にかけてくださり、連絡を頂けるので

もう何回もお会いしてるように思えてます。ありがとうございます。』

 

コメント

 

Mさんは

以前からLINEで、ご相談をお受けしていました

カウンセリングには信頼関係(ラポール)が

大切です。

対面やスカイプでのセッションの前に

十分なラポールを築く為にLINEやメッセージ

メール、あるいはお会いして、お話を聞かせていただきます。

Mさんは初めて お会いした時

一気に  溜まっておられた思いを吐き出され

ただただ、聴かせていただきました。

「傾聴」「沈黙」「涙」

ことばだけでなく、ボディランゲージを含め

「場」の空気

全体で進んでいきます

これから先、どう進んでいきたいかは

クライエントさん次第です。

 

ブロック解放のセッションを受けられた方からの声

『まりこさんからの

「自分が幸せになることを
まだ許可できていない」

というメッセージに
納得できた自分がいます。

ざわざわ感は確かに
以前より増えていますね。

Facebookの投稿にも
UPしましたが
セッションの翌朝の
あの時のざわざわが
一番強かったです。

何が原因という
訳ではなかったのですが
いつものように
朝の志事に
とりかかろうとしたら
ざわざわがひどく
なったので
あのように自分で
癒したら
落ち着きました。

せっかく出てきて
くれている
好転反応なので
素直に感じれば
良いですよね❤

好転反応だと
教えてもらっているので
安心しています。
なんだかね

急に不安になって
ざわざわを感じる
ことが多いです。

急に不安になる
タイミングは

自分の行動を振り返って
あれまずかったかな~と
感じたときと

自分が
上手くいって嬉しいと
感じた
しばらく後…でしょうか。

以前からも
もともとその傾向は
あり
ブロック解除して
いましたが
セッションを受けてから
さらに感じやすく
なりました。』

 

 

コメント

Sさんはご自身ブロック解除されていらっしゃる方でした。

セッションの感想をFacebookとブログに

掲載して下さいました。

コンフォートゾーン(慣れ親しんだ場所)から踏み出そうとする時

最初の1歩が一番不安や恐怖を感じ

ざわざわを強く感じます。

ブロック解放やインナーチャイルドのセッションの後は一時的に不安定になったりすることがあります

自分の感覚が研ぎ澄まされ

リアルな感情が感じやすくなったりします

それまで抑圧していた

蓋をしていた感情が溢れ出すこともあります

より生き生きと今ここを感じられます。

Sさんは、この後益々パワーアップされました。

 

インナーチャイルドワーク「セッションの感想」

私は、インナーチャイルドのセッションをしていただきました。

幼い頃の自分の心が

今の自分のトラウマに関わっているのか見ていただきました。
めいぐるみを使いながらのセッションで
私には、幼い頃の、ブロックは、かかっていなかったようでした。
そのセッションでの気づきは、失敗を活かすこと。
きびしい事を伝えたら、どう思うと、聞き直す。
伝えて、確認する。

9月
に受けてから、努力してきました。

そして、先週にも、セッションを受けて、
自分と、他人との境界線のひきかたを、学びました。

いつも、まりちゃん、ありがとう。』

 

コメント

kさんは、とてもパワフルな方で自由な子ども

(フリーチャイルド)交流分析ではFCが高いといいます。

AC(アダルトチルドレン)が高いと大人の

ような子ども、いわゆる「いい子」になります。

Tさんは子どもの頃まわりの人たちから愛され

「パピーウォーカーの時代」

(私が例えに、よく使います、無条件の愛情が注がれる時期、盲導犬はこの時期が十分でないと人間や社会に信頼感が構築されません)

にしっかりと

基本的信頼感を構築されて自己肯定感が

高い方でした。

自由に生きてこられ仕事でも成功されていらっしゃいます。

本来の自分のままでOKな方でした

ただ自由なあまりに自分と他者との境界線が

曖昧でトラブルが発生しておられる様でした。

Iメッセージとyouメッセージをしっかり分けること

二重拘束(ダブルマインド)ことばと思いが違い

表面と影のメッセージ(シャドーメッセージ)が

違うと、それが伝わり相手が葛藤や混沌とした

思いになりがちです。

Tさんは社会的地位の高い方なので、カウンセリングというよりは

実践力のあるコンサル、コーチングという感じに

なってきています。

その人によって、問題によって

セッションを変えていきますので、

ひとつとして同じセッションはありません

「今ここ」その時その場です。

共通点は

セッションの中でぬいぐるみを使い

「未完了」な問題に向きあっていただきます

日常の中でも、ぬいぐるみを使って

自分の内面と対話することや

他者への感情を吐き出すことに使っていただいています。

単発のセッションだけでは不十分なので

LINEやメッセージでのフォローをさせていただいています。

 

 

 

ありがとうございます

あのタイミングで
まりこさんのセッションを
受けることができたのは
本当に引き寄せたのだと
感じています。

それでもまだまだ
不安な子供の私が
出てくることも
ありますが
そこは認めながら
進んでいきたいと
思います。

ありがとうございました

これもやっぱり
ご縁なのだと
感じています

コメント

ご縁ですね有り難いです

不安な子どもは、自分の中のインナーチャイルドが知らず知らずに内在しているインナーペアレント(内なる親、規範)に見張られジャッジされて起こります。

大丈夫?無理じゃない

など、不安がらせます

今ここの感情にも蓋をして

こんなんじゃダメ、まだまだと不安にさせます

不安になるのは当たり前

「不安だよね当たり前だよー」と自分で自分を

心の中で『受容』してあげてください。

それが、てきるのは自分だけ

大事な自分をよしよしと抱きしめてください

既成概念から抜け出しても大丈夫だよ

と許可してあげてください。

 

 

お気軽にお問い合わせください。090-6819-5398受付時間 10時~22時